キングス・クロス駅からスコットランドのエディンバラへ

ロンドンから最初に向かうのは、イギリス北部のスコットランドの首都、エディンバラです。

今回のイギリス旅行を決めたのは、スコットランドのエディンバラに行ってみたかったから。

何かのきっかけでエディンバラの街並みの写真を見たんですよね。
中世の街のような、いかにもヨーロッパの石造りの街並み。
しかも暗めの色合いの石造りで、ちょっとトゲトゲしているような、クールな雰囲気。
その格好良さと街並みの綺麗さに憧れてしまいました。

イギリスに行くならロンドンにも行きたいし、じゃあロンドンから鉄道で行こう。
ついでに鉄道でイギリスを回ろう、と思ったわけです。

スポンサーリンク

あのキングス・クロス駅を出発

ロンドンからエディンバラに向かうには、ブリテン島の東側を通るルートと、西側を通るルートがあるのですが、今回は東側のルートを通る特急でズバーッと一気に行きます。

それでも4時間半ほどかかる長旅です。
2019年からはAZUMAという高速列車が走り出しているので、もう少し短くなっているかも。

そして東側のルートで行く場合は、ハリー・ポッターでおなじみのキングス・クロス駅出発。
昨夜たどり着いたホテルの目の前です。

ブリットレイルパスをゲットしてイギリス周遊旅行のはじまり
温かくなって桜が咲いたと思ったら、いきなり暑い日があったりして、もう夏の足音を感じてしまう。ゴールデンウィークまでもあとわずかですね。最近は旅行に行きたくてうずうずしています。といっても、特に予定はしていないので、昔の旅行を振り返...

まずは、みどりの窓口のようなところに並んで、ブリットレイルパスに「今日から使用開始」のチェックをしてもらいます。
ブリットレイルパスは、ブリテン島の列車が乗り放題になる、外国人観光客用のお得なチケットです。

当時のチケット。上が3日間パスで、下がキャンペーンでもらった追加の1日分のパスです。
何やら手書きで暗号を書かれましたが、よく見てみたら使用期日。
数字の書き方がヨーロッパっぽい。

このパスを見せて改札を入ります。
もうどの列車でも乗るだけ!なんて楽ちん。

左の赤い列車 Virgin Trains East Coast に乗って、イギリス周遊旅のスタートです。
鉄格子のアーチ型の大きな屋根がヨーロッパですね。
そういえば鉄道発祥の地、イギリスでした。産業革命です。

ちなみに、キングス・クロス駅から列車に乗るのは初めてなので、ちゃんと駅のスタッフの方に9と4分の3番線への行き方を教わりましたよ。

一生懸命に練習中
スポンサーリンク

ブリテン島の車窓から

列車はブリテン島を北に向かって走ります。
あとは何も考えず、車窓を眺めながらのんびりするだけ。
異国の景色って、なんで見ていて飽きないんでしょうね。

大きな山がなくて、平らな土地が永遠と続いています。
日本ではなかなか見られない風景。

こんな地方っぽい風景も、見ていて楽しい。

ベンチに座ってスマホを眺めているサラリーマンも、なんだか絵になっている感じがしちゃう。

どこかでの駅で、列車の絵に「あずま」と描かれた大きい看板がありました。
突然飛び込んできた日本語に『あずま???』って思わず二度見してしまったのですが、それが2019年から運行を開始した高速列車AZUMAのアピールでした。

AZUMAは日立製作所製とのことで、日本名がつけられたようですね。
しかもブリテン島の東側ルートを通るので「あずま(東)」。
次はAZUMAに乗ってみたいな。

愛称は「あずま」、日立製「英国新幹線」の実力 | 海外
イギリスで蒸気機関車が実用化されてからまもなく200年。鉄道発祥の国で、日本語の名前を冠した高速列車が5月15日、 営業運転を開始した。列車の名前は「AZUMA(あずま)」。ブリテン島の東側を南北に結ぶ東海岸本…
スポンサーリンク

エディンバラ・ウェイヴァリー駅に到着

車窓を眺めながら橋をいくつか渡って、

カテドラルのある街も超えて、

いつの間にかイングランドからスコットランドに入り、
とうとうエディンバラのエディンバラ・ウェイヴァリー駅に到着しました!

大きな駅を出たら、もう憧れの街並みが見える……

のんびり鉄道旅

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村
☆応援クリックお願いします☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました